中古トラックのステアリングの交換について

トラックに乗っているという人がたくさんいますが、運転を快適にするために部品の交換などができます。そこで手軽に交換できる部分としてハンドルがあります。手軽と言っても初めて交換するという人は、その知識や作業の流れをしっかりと頭に入れておくことが大切です。たとえば軽トラックの場合には比較的簡単に交換をすることができます。

ハンドル部分はステアリングといいますが、これを交換するときにとくに気をつけなければいけないことは、車検にしっかりと通るものを選ぶと言うことです。変える場合には社外品がほとんどとなっているので、車検の基準にあったものを選ぶようにします。ここで気になるのが車検の基準に通るハンドルです。それは円形であるということ、そしてホーンマークがついていてがたつきがないもの、スピードメーターをしっかりと確認できるというのが基準となっています。選ぶ際にはこれらの条件を満たしていなければいけません。

このときにエアバッグがついていない社外品のハンドルに変えた場合には、車検に通らないのではないかと心配になりますが、ここで述べた基準を満たしていれば問題ありません。ハンドルを変えるときにはいくらかの費用が必要になります。この作業に関して自分で行うという人や専門業者に依頼をするという方法があります。

ハンドルを変える際に実際に必要な費用は、ハンドルの本体価格が5000円からでその取り付け工賃が5000円から1万円程度となっています。この工賃は自分で行う場合には無料となっています。そこで自分でハンドルを変える方法ですが、工具をそろえる必要があります。工具はクロスレンチと10ミリのソケットレンチと六角レンチとドライバーなどが必要になります。まずホーンボタンをはずします。

そしてハンドルを固定しているナットを十字レンチでゆるめて、完全にゆるめない状態でハンドルを外します。そして外したときと同じ手順で新しいハンドルをつけていきます。このように少し手を加えるだけで、いつもの運転に変化が出ます。実際のトラックの運転が快適になると言うこともあるので、検討してみるといいです。簡単な作業と言うことで業者に依頼をするより自分で行った方が費用も抑えられます。しかしもう少し手軽に変化させたいという人は、ハンドル自体ではなくハンドルカバーをつけるだけでも大きく変化します。この場合価格は安いもので500円程度となっています。